税務や会計の知識よりも資金繰りのコントロール技術

不況時にお金を失ってしまう社長もいれば、好不況に関係なくお金を残し、いい資金繰りで安定した事業を継続している社長も多くいます。
実際のところ、お金を残す、残さないに景気の良し悪しというのは直接的に関係はないものです。
会社が行う経済活動のほとんどは数字によって表現でき、決算書や試算表が最たるものになります。

ファクタリングの比較を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

それゆえ、会社の数字を分析し理解することは経営をより良いものにするために欠かせない素養の一つです。

その会社の数字を理解するための一助として、会計や税務の知識があります。これらの知識があれば、確かに数字を経営のかじ取りに活かすことも可能です。
社長やビジネスマンを中心に会計ブームが起きているのが、このような数字理解へのニーズをくんだものとされています。

しかし、会計や税務の知識が豊富であれば資金繰りはうまくいくかといえば、断言できるものではないものです。



実務の現場では会計や税務の知識がなくても儲け続けている社長は存在します。
逆に数字の専門家である会計士や税理士が舌を巻くほどの知識がっても、資金繰りがうまくいかずに会社を倒産させてしまう人もいるのです。
知識が豊富に越したことはありませんが、それらの知識は事業継続の必要要件であっても、絶対要件ではありません。

会社を継続させるために不可欠な数字の素養は会計や税務の知識よりもお金をいかに残せるかという実践的な知恵であり、その知恵とは資金繰りをコントロールする力です。

そのうえで、知識をみにつけることで、はじめて意味がでてくることになります。