TOP > 脱毛にはどのような副作用があるか

脱毛にはどのような副作用があるか

脱毛の副作用として挙げられるのが火傷です。フラッシュやレーザー脱毛で施術者が出力の設定を誤ることが原因になります。


技術の確かなエステや医療機関を選べばこの危険性はほとんどありません。やけどほどではなくても皮膚がダメージを受けているので、施術直後に腫れや赤み、ヒリヒリするような痛みが出ることは避けられません。一時的なものですが、気になる場合は塗り薬などを処方してもらいます。
脱毛によって毛嚢炎が起きることがあります。

これは毛穴に皮膚の常在菌などが入って炎症を起こすものです。

梅田の医療脱毛情報探しにぴったりの情報を提供いたします。

施術が原因となることもありますが、多くの場合、施術後の対応が問題になります。

ダメージを受けた皮膚はかゆみを伴うことがあり、我慢できずに爪で引っ掻いてしまうと弱っている皮膚を傷付け、そこから雑菌が入ります。雑菌が入らないようにクリームなどで保護したり、塗り薬を使用すると良いです。



硬毛化と呼ばれる現象が起きることもあります。
本来であれば毛の再生が弱くなるはずのものが、逆に毛が太くなってしまう現象です。



これは色素が薄く、毛の細い産毛の処理をするときに起きます。
フラッシュやレーザー脱毛はメラニン色素を含んでいる毛根に光を吸収させて熱を持たせますが、色素が薄く、毛が細いと熱が中途半端になり、この刺激で毛母細胞が活性化することが原因と考えられています。


そのまま処理を続けていれば治ることもありますが、治らない場合には光を使用しないニードル脱毛で処理すると確実に効果があります。